ホーム ネットバンク ネットバンクは通帳がないのが基本 実はそれがメリット

ネットバンクは通帳がないのが基本 実はそれがメリット

ネットバンク

通帳 , 預金

従来型銀行で口座を開くと、キャッシュカードと通帳が発行されますが、ネットバンクの場合は口座を開設してもキャッシュカードが発行されるのみです。

この「通帳が発行されない」ことを不便に感じたり、なんとなく不安に感じる方もいると思いますが、実は発行されないことによるメリットもあるのです。

そこで今回は、ネットバンクの通帳がないことによるメリットの話です。「ネットバンクって通帳がないから不安。」と感じている人は是非読んでみてください。今まで知らなかったメリットを知ると、ネットバンクに対する考え方が変わるかも知れませんよ。

従来型銀行はなぜ通帳を発行するのか

まず、従来型銀行が通帳を発行する理由は、利用者にとって便利というだけでなく、銀行側にも発行しなくてはならない理由があるのです。

利用者は、通帳記入をすることで取引状況や収支の確認を行うことができます。また、他者と金銭のやり取りがあった場合、そのエビデンスとして使用することもできます。

一方、銀行側からすると、以前は印鑑のデータが店舗間で共有されなかったため、口座に登録されている印鑑の確認のために通帳が必要でした。

ネットバンクで通帳が発行されない理由とは?

しかし、IT技術が発達するにつれ、証憑書類等のペーパーレス化が進み、銀行は取引データをサーバーで保管するようになりました。

以前は通帳に押されていた印鑑のデータも、支店間で共有することが可能となり、最近は通帳の盗難による届け印の偽造防止のため、通帳に印影が表示されなくなりました。更に、利用者はインターネットを利用して取引状況を管理画面で確認することが出来るようになり、通帳がなくても取引が確認できるため、ネットバンクには通帳が無いのです。

では次に通帳がないことによるメリットを見ていきましょう。

通帳がないことによるメリットとは

通帳がないことによるメリットは大きく分けると下記の2つです。

記帳の為に店舗やATMに行く必要がない

1つ目は記帳の手間が省けるということです。

従来型銀行でも、キャッシュカードがあれば、通帳が無くてもATMでの取引はできます。しかし、過去の取引を確認しようとすると通帳に記帳するしかありません。更に、一定期間記帳しないと「おまとめ」として取引状況がまとめられてしまいます。

しかし、ネットバンクはそもそも通帳がないので、わざわざ店舗やATMに記帳に行く必要がありません。過去の取引に関してもネット上の管理画面で確認することができます。

盗難紛失防止など管理の煩わしさがない

2つ目のメリットは、管理の煩わしさがないことです。

銀行のキャッシュカードは常に財布に入れて持ち歩いているけど、通帳は自宅に保管しているという人は多いでしょう。

ALSOKでおなじみの綜合警備保障株式会社の調査によれば、通帳や印鑑を隠している場所は「たんすや冷蔵庫など自分にしか分からない場所」が38.9%と最も多いそうです。

しかし、プロの空き巣は、いくら一生懸命隠しても、家族も知らないようなヘソクリの隠し場所から通帳、印鑑まで、金目のものがある場所を嗅ぎ付けてしまうそうです。自宅に通帳を保管することは、それだけリスクを抱えているということです。

また、通帳を紛失してしまった際には、各種証明書類等を取り揃えて銀行に行き、再発行の手続きをする必要があります。

ネットバンクであれば、通帳を使わないので、このような通帳の盗難や紛失の心配が発生しません。もちろんパスワードの管理は必要になります。

ネットバンクの過去取引を確認できる期限に気をつけよう

ネットバンクは通帳がなく、ウェブ上の管理画面を見れば過去の取引をいつでも確認することができます。

銀行によって、過去の閲覧期間が設けられているネットバンクもありますので注意しましょう。

過去の取引をすべてとっておきたいという場合はPDFやCSVでパソコンに保存するか、プリンターで印刷して紙で保管しておきましょう。

まとめ

以上、ネットバンクに通帳がないことによるメリットをまとめました。

ネットバンクではキャッシュカードのみで取引ができるので、わざわざ記帳に行く手間や紛失に伴う再発行の手間がかかりません。

従来型の銀行の利用に慣れている場合、最初は通帳がない事に違和感を感じるかもしれませんが、慣れてしまえば煩わしさが無く、かえってそれが便利なことに気付くはずですよ。

CHECK こちらの記事もあわせてチェック! CHECK こちらの記事もあわせてチェック!

RANKING 1週間の人気記事 RANKING 1週間の人気記事