ホーム ライフスタイル アメリカ西海岸☆Uberを使ってみました!(海外旅行の移動手段)

アメリカ西海岸☆Uberを使ってみました!(海外旅行の移動手段)

ライフスタイル

Sony Bank WALLET , Uber , アメリカ , 外貨 , 旅行 , 海外旅行 , 移動手段 , 米ドル

外貨預金の重要事項

こんにちは、ソニー銀行のサオリンです。先日レポートしたアメリカ西海岸の旅の続編です。

とにかく広い!車がないと移動が難しいアメリカでは、観光ではレンタカーを借りるかツアーに参加することが多くなると思います。今回、現地の移動は主に配車サービス「Uber」を利用しました。そこで、Uberを使った感想をレポートしたいと思います。

Uberは便利!

Uberって何?

アメリカではUberという配車サービスがあります。アプリでUber(Uberと契約している個人の車)を呼んで送迎してもらいアプリ上で支払ができる、タクシーとは似て非なるサービスです。乗車ポイントと下車ポイントを住所や地図で指定すると、〇分後に乗れる車の候補と見積が表示され、選択したドライバーの配車を依頼すると迎えに来てくれます。行き先はアプリで事前に指定するので乗車してから説明する必要がなく、土地勘のない海外でも安心です。

レンタカーかUberか

東京や京都観光なら、電車やバスでかなり回れますが、アメリカは車社会なので、車がないと途方にくれます。

レンタカーという手段もありますが、アメリカはとにかく広い...!私の場合は、慣れない道を数時間運転することや万一の事故などを考えると、電車やUberで移動したほうが精神的な負担が少なくて楽です。

1221_01.JPG

LGBTコミュニティのシンボル的存在、カストロ地区ではレインボーカラーが至るところに。

Uberは怖くない?

日本では馴染のない一般ドライバーの車に乗るというサービス、便利とはいえ怖いのではないかと思われるかたもいるかもしれませんが、アプリからUberドライバーのユーザー評価が見られるようになっているため、評価が高いドライバーを呼べば安心です。また、個人事業主として収入を得ているため、サービス面に力をいれているドライバーが多いです。

乗車ポイントは正確に...

注意点は乗車ポイントの指定を間違えないことです。指定を誤ると、迎えが来ません...。操作ミスなので当たり前なのですが、少し地図がずれていたり、誤って前の履歴を指定してしまうなど、見慣れない土地だとうっかりやってしまいがちです。会えない場合はドライバーとショートメッセージでやりとりすることもあります。特に空港は出口が多いためUber所定のお迎えポイントが指定されています。

1221_02.JPG

ロサンゼルスの高級住宅地。ヤシの木が似合います。

Uberは楽しい!

フレンドリー、お水やお菓子が出ることも!?

Uberドライバーは、積極的に会話をしてくれることが多いです。街の歴史や観光、政治についてなど、現地のかたから聞く貴重な機会になりました。米大統領選の直後だったので、結果に対する感情などを話すかたもいて(日本では政治の話をお客さんとするのはタブーと思いますが)移動手段としてだけでなく、会話を楽しんだり、自分の英語力アップを図ったり!?という楽しみもありました。

1221_03.JPG

レンタサイクルにも挑戦、サドルのおしりのほうが下がっていて大変な目に遭いました笑

Uberは安い

現地のかた曰く、Uberは安い

そして、アメリカのかたがみんな言っていたのは、「Uberは安い」。ロサンゼルスやサンフランシスコのような大都市では特に地価が高いため、車を持つのは結構大変で、Uberを活用する人も多いそうです。

また、安く乗るためのサービスで、「uberPOOL」という相乗りがあります。uberPOOLは、途中で近くにいる相乗りの人を順次ピックアップして各々の目的地に下ろしてくれるもので、時間は余分にかかりますがその分安く済みます。大都市ではuberPOOLも5分以内で来てくれるので、便利です。

お金のやりとりがないのがいい

乗車する時点で見積りが出て安心なのと、精算はアプリ上で行うため、ドライバーとお金をやりとりする必要がないのが楽です。また、チップは不要です。サービスに満足したら、アプリ上で5つ星をつけられます。出張で利用する場合も、アプリに乗車明細が残るので精算が便利かもしれません。

1221_04.JPG

サンフランシスコといえば、ケーブルカーです!外に乗れたらラッキー、観光客に人気のため乗るのに並びます。

必要なものは?

日本でアプリをダウンロード

日本でUberアプリをダウンロードしていくと便利です。日本語なので、登録もカンタンです。出発前にUberアプリに決済用のカードを登録しておくと、現地ですぐに使えます。お支払い方法は Sony Bank WALLET やクレジットカードを登録していただけます。 Sony Bank WALLET を登録すると、Uber下車後にメールが届き、 Sony Bank WALLET アプリでも支払状況を確認できて安心です。

レンタルWi-Fi

使い慣れているスマートフォンをインターネットにつないで海外でも使えるように、日本の空港で海外用のレンタルWi-Fiを借りていくと便利です。アメリカではカフェ・お店・ホテル・宿ではほとんど無料Wi-Fiが利用できますが、路上ですぐにUberを呼びたいときにWi-Fiを持参しているほうが便利です。私は、通信を使いすぎて通信制限にかからないように、インターネット検索などは現地の無料Wi-Fiをできるだけ利用し、使い分けました。

1221_05.JPG

ワイナリーの夕日。アメリカでは祝日でなくても国旗をよく見かけます。

次回は、電車の旅をレポートしたいと思います。ロサンゼルスからサンフランシスコまで合計12時間の長―い旅、アメリカの広大な大地を感じました。Sony Bank WALLET とアメリカ西海岸の旅、また読みにいらしてください!

▼前回の内容はこちら

アメリカ西海岸☆Sony Bank WALLET 活用法と外貨の準備(海外旅行とお金)

アメリカ西海岸☆現金はどうする?(海外旅行とお金)

▼ハワイでの乗車体験記はこちら

Uber乗車レポート ~ Sony Bank WALLET で支払い楽々~

CHECK こちらの記事もあわせてチェック! CHECK こちらの記事もあわせてチェック!

RANKING 1週間の人気記事 RANKING 1週間の人気記事