ホーム ソニー銀行 電気グルーヴ ライブ「クラーケン鷹」ライブレポート

電気グルーヴ ライブ「クラーケン鷹」ライブレポート

ソニー銀行

キャンペーン , ライブレポート , 電気グルーヴ

ソニー銀行のユリです。幸運にもチケットプレゼントキャンペーンに当選されたソニー銀行のお客さまにもお楽しみいただいた、電気グルーヴのライブ『クラーケン鷹』。
アニメ「DEVILMAN crybaby」の主題歌にも起用中の最新シングル『MAN HUMAN』を手に、電気グルーヴが3月に大阪と東京を舞台にライブツアーを行いました。取材班が足を運んだ16日(金)のZepp Tokyo公演の模様をお伝えします!参加されたかたもそうでないかたも、どうぞお楽しみください。

02.jpg


今宵のパーティ、思いきり現実を忘れ、熱気と興奮に酔えそうだ。

場内が暗くなると同時に、会場中へ響き渡った「Fallin' Down」の声、石野卓球の叫びを合図に幕が開くと、そこには桃源郷のようなきらびやかな舞台が姿を現した。
冒頭を飾った『Fallin' Down』が場内へ流れるのを合図に、会場は、一瞬にして巨大なダンスフロアーに塗り替えられた。
全身を直撃するビートが肉体を刺激すれば、エレクトロなメロディが神経の螺子を少しずつ緩ませていく。
 舞台上では、背中に躍動的なグルーヴを感じながら、ピエール瀧が踊っている。彼を先導に、日常をオフにした大勢の観客たちの身体から放たれる熱が、早くもフロアー中を包みだす。今宵のパーティ、思いきり現実を忘れ、熱気と興奮に酔えそうだ。

03.jpg

MCらしいMCをほとんど差し込むことなく、電気グルーヴのライブは進んでゆく。1曲1曲巧みに表情を変えながら、ノンストップで興奮と高揚を導くドラマを作り出す。ファンキーな音色を響かせた『プエルトリコのひとりっ子』で生まれた、「プエルトリコ」「ひとりっ子」と叫ぶコール&レスポンス。『いちご娘はひとりっ子』では、興奮を隠しきれず、飛び跳ね騒ぐ人たちがフロアー中にあふれていた。

04.jpg

 心地好く降り注ぐ音のシャワーを浴びながら、優しく身を揺らした『トロピカル・ラヴ』。『Slow Motion』では、意識をトリップさせる演奏の上で、メンバーと観客たちが歌のやりとりを交わす場面も登場。
何より圧巻だったのが、『flight to Shang-hai』を通して描いた熱狂の風景だ。チャイニーズなフレーズを巧みに活かしつつ、1曲の中で次々と表情を変えながら、電気グルーヴは会場中の人たちを、春節時期の祭りの喧騒にも似た浮かれ騒ぐ景色の中へと連れ出した。前半戦を経過する頃には、場内には、熱帯夜にも似たむせかえるような熱が渦巻いていた。

05.jpg

「チョリース&ジェントルマン」と、駄洒落を効かせた挨拶から始まったMCの時間。私たちには瞬時に理解できない言葉をマシンガンのように突きつける石野卓球と、その言葉をわかりやすく説明するピエール瀧。毒舌効いたと言えば格好いいが、ノリと思いつきで飛び出す言葉の数々は、観客たちへ向けて...ではなく、自己完結形であり、石野卓球とピエール瀧との間だけで成立する身内の会話。だけど、日常感あふれる緩ーい会話も電気グルーヴの魅力を形作る一つ。そこは、触れた人たちの判断に委ねようか。

06.jpg


『ガリガリ君』で生まれた「ガリガリ」コール。

アタックの強いリズムで攻めた『ガリガリ君』で生まれた、「ガリガリ」コール。『SHAMEFUL』では、サンバのリズムなど陽気なラテングルーヴを取り入れた楽曲の魅力に、会場中を沸かせていた。レトロなシューティングゲームの画面も背景に登場した『B.B.E.』で激しく攻める姿勢を見せれば、『Upside Down』や『モノノケダンス』を通し、電気グルーヴは観客たちを飛び跳ねる熱狂のレイヴ空間へと連れ出した。

最新シングル『MAN HUMAN』では、感情をたぎらせる情熱的なステージングを展開。躍動する楽曲に熱く触発されれば、続く『Baby's on Fire』ではアッパーでグルーヴィな楽曲に刺激を受け、一緒に「Fire!!」と叫ばずにいれない気分に心も身体も支配されていた。

07.jpg


太陽のフレアーを直で感じるくらいに熱狂の風を吹かせたステージング。

終盤戦の始まりを告げた『柿の木坂』からは、ギタリストの吉田サトシも加わり、よりスリリングでエッジの効いた演奏を通し、電気グルーヴは観客たちを挑発していった。
太陽のフレアーを直で感じるくらいに熱狂の風を吹かせた『Caty Summer』。巨大なUFOが奏でるエレクトロな演奏と気持ちをシンクロさせ、踊り狂った『UFOholic』。
 本編最後の『CATV 2017』では、「CATV ケーブルつないで 私の家まで連れてって」と歌う石野卓球の歌声と、アッパーでフリーキーなエレクトロ楽曲に刺激を受け、感情もバースト。終始騒がずにいれない気分だった。

08.jpg


アンコールには、サプライズゲストで日出郎がゴージャスなドレス姿で登場。

アンコールには、サプライズゲストで有名な日出郎がゴージャスなドレス姿で登場し、配信シングルとして発売中の石野卓球がリメイクした『燃える!バルセロナ』を熱唱。観客たちと掛け合った「エクスタシー獲たけりゃ」「●●よー」のやりとりは、かなり衝撃だった。
最後を飾った『人間大統領』でも、「大統領」のコール&レスポンスが起きるくらい、会場中がフィーバーし続けていた。

KRAKENTAKA_0317_7.JPG

09.jpg

その空間を、熱狂止まらないレイヴパーティの...と称するのもいいだろう。でも、そんな短絡的な表現では収まり切れない、意識と身体へ次々と刺激と衝撃、興奮と高揚、何よりも感情の螺子をぶっ壊すエクスタシーを与え続けてくれた電気グルーヴのライブ。
MCでは、期待を裏切らない?!放送禁止用語満載なトークも飛び交っていた。つねに自分たちの欲望のままに、やりたい放題熱狂し放題なライブを描きあげた電気グルーヴ。彼等のジャンルの垣根を超えたボーダレスな音楽性に、夢に浮かされたようなひとときだった。


ライブレポートはいかがでしたでしょうか。今後もソニー銀行では、お客さまにご満足いただけるような、スペシャルな企画をお届けできるよう努力してまいります。どうぞご期待ください。


CHECK こちらの記事もあわせてチェック! CHECK こちらの記事もあわせてチェック!

RANKING 1週間の人気記事 RANKING 1週間の人気記事