ホーム ソニー銀行 キャッシュレス時代にお得に決済ツールを使いこなす方法

キャッシュレス時代にお得に決済ツールを使いこなす方法

ソニー銀行

キャッシュレス , デビットカード , ポイント

クレジットカード評論家の岩田昭男です。
キャッシュレス化が進む現代において、多様化している決済ツールをお得に使いこなす方法をご紹介します。

多様化するキャッシュレス時代の決済ツール

昨年から「キャッシュレス」が注目を集めています。キャッシュレスとは現金を使わないで決済をすること。具体的にはクレジットカード、電子マネー、プリペイドカード、デビットカード、QRコードなどを使って商品やサービスなどの代金を決済することをいいます。いずれも現金と同じ価値をもつデータのやりとりによって行うので、これらを「電子決済」と呼んでいます。

ポイント還元率に注目せよ

キャッシュレスにはたくさんのメリットがあります。①現金をもつ必要がないので、財布が薄くなる、②利用履歴を確認できるようになる、などが代表的なメリットですが、利用者が直接感じる効果として、ポイント還元が得やすくなるという点があります。現金で買い物をしていては、ポイントは付きませんが、キャッシュレスなら買い物やチャージをした時にポイントが自動で貯まってお得になります。今回はそれぞれのキャッシュレスツールでポイントの貯まり方がどう変わるのかについてお話しましょう。

【クレジットカード】

電子決済の中で一番勢力があるのがクレジットカードです。買い物をすると、一般的なクレジットカードでは1,000円につき5ポイント、または100円につき1ポイントになり、還元率にすると、0.5%~1.0%が貯まります。そして、ポイントを貯めたあと、景品に代えたり、マイルに換えたりします。これが最も基本的なポイントの利用方法といえます。

【デビットカード】

クレジットカードと同様に使えるブランドデビットが普及してきており、銀行口座の残高から即時引き落としされます。還元率は0.2~0.5%程度で、ポイントではなくキャッシュバックでもらえるのが特徴です。

【電子マネー】

電子マネーになると、ポイントの貯まりがよくなっていきます。というのは、多くの電子マネーで買い物をすると、クレジットカードと同じく0.5%~1.0%の割合でポイントが貯まります。それに加えて、プリペイド型電子マネーの場合には、クレジットカードからチャージをしても金額に応じて0.5%~1.0%のポイントが貯まりますから、二重取りができます。この点は見逃せません。
こうしたプリペイド型の電子マネーには、Suica、nanaco、WAON、楽天Edyなどがあります。しかし、電子マネーにチャージして、ポイントがたくさん貯まるクレジットカードは非常に限られています。どれでもOKとはいきません。
Suicaの場合はビューカード、nanacoは同じ系列のセブンカードプラス、WAONはイオン銀行が発行するイオンカードセレクト、楽天Edyは楽天カードなど、電子マネーの親会社が発行するクレジットカードを狙うのがコツといえます。

【QRコード決済】

2018年に注目を集めたのがQRコード決済です。楽天ペイ、LINE Pay、Origami Pay、d払い、PayPayがありますが、なかでも話題になったのがPayPayです。これは、プリペイド型なので事前に銀行口座からチャージするか、引き落とし先のクレジットカードを登録する必要があります。この場合、紐づけ先のクレジットカードとして選びたいのはKyash Visaリアルカードです。こちらは最近登場したVisaのプリペイドカードで、PayPayの支払い元として登録すれば、PayPayの0.5%とKyash Visaカードの2.0%キャッシュバックとで合計2.5%得することができます。

Sony Bank WALLET を使ってポイントを三重取りする方法

ここで、ソニー銀行のVisaデビット付きキャッシュカードのSony Bank WALLET をQRコード決済の支払先として紐づけてお得に使う方法をご紹介します。
まず、Paypayの引き落とし先のクレジットカードとして、Kyash Visaリアルカードを登録します。そして、Kyashの引き落とし先のカードとして、 Sony Bank WALLET を登録します。
すると、Paypayでお買い物すると、Kyashを通してSony Bank WALLET から買い物代金が引き落としされます。Paypayで0.5%、Kyashで2%、Sony Bank WALLET で0.5%の還元があり、合計3%となります。 (詳しくは私のホームページをご覧ください)。

まとめ

QRコード決済のすべてがプリペイド対応ではないものの、多くのタイプがその機能を備えていますので、この二重、三重取りの手法は大いに役立つでしょう。今後キャッシュレス時代が本格化するにつれて、こうした使い方がいろいろとでてくると思います。現金を使っていると損する時代、お得に活用するために決済ツールを使いこなすことが重要です。

  • ※記載されている製品名は、各社の商標、もしくは登録商標です。
  • ※本記事に掲載されている内容は、2019年1月現在の情報です。還元率や使用できるカードは今後変更される可能性があります。

profile_thumb_moneylife_181227.jpg

【クレジットカード評論家 岩田昭男】

1952年生まれ 早稲田大学卒業後、月刊誌記者などを経て独立。クレジットカードのオピニオンリーダーとして、取材や執筆を行う。

CHECK こちらの記事もあわせてチェック! CHECK こちらの記事もあわせてチェック!

RANKING 1週間の人気記事 RANKING 1週間の人気記事