ホーム コラム 新婚夫婦の家計管理に3つの方法。アプリも上手に活用!(FP相談室)

コラム

公開:

新婚夫婦の家計管理に3つの方法。アプリも上手に活用!(FP相談室)

新婚カップルは、家計管理をどう行っていくかのルール作りを行う必要があります。いくつかの方法を紹介しますので、わが家ではどの方法が合っているか検討するための参考にしていただければと思います。忙しい夫婦は、手間をかけずに家計管理や資産管理ができるアプリの活用も検討しましょう。

新婚夫婦の家計管理法とは?

結婚によって「個の家計」から「2人の家計」に変化しますが、家計管理はどのように行うとよいでしょうか?家計管理の3タイプを見ておきましょう。

1. 第3の口座タイプ

どんな管理方法?
夫婦それぞれの収入から、毎月決まった金額を「第3の口座(家計用)」に入金し、そこから、夫婦2人に関わる費目を支出する方法です。口座は夫または妻のいずれかの名義になります。
第3の口座で管理する費目としては、家賃または住宅ローンや駐車場代、車関係費、水道光熱費、通信費、食費、日用雑貨、保険料、レジャー費、交際費など、夫婦のお小遣いを除くほぼすべてが該当します。夫婦で共通の貯蓄、つまり住宅資金や、子どもが誕生してからは教育資金などの貯蓄もこの口座で管理できます。

メリット
手元に残ったお金は、夫婦それぞれの資金となることから、各々の小遣いにしたり、貯蓄したりなど、自由度が保たれるメリットがあります。

どんな夫婦に向いている?
広く共働き夫婦に向く方法です。

上手な家計管理のポイント
夫婦に収入差があり、例えば夫が年収500万円、妻が年収400万円という場合は、家計に入れる金額も5対4にして、「夫は月15万円、妻12万円」などと決めるのもよいでしょう。家計用口座からの支出や貯蓄は、夫婦で点検をすることで夫婦の貯蓄も計画的にできるほか、無駄な支出を削減しようというインセンティブも働きます。情報共有のためにも、家計簿アプリなどを活用するといいでしょう。

2. 費目で分担タイプ

どんな管理方法?
費目を決めて夫婦で分担する方法です。例えば、夫が家賃または住宅ローンと駐車場代、車関係費を支払い、それ以外の水道光熱費、固定電話代、食費、日用雑貨、保険料、レジャー費、親族関係の交際費などを妻が負担するなど、分け方はそれぞれです。収入の割合と負担する費目が同程度になるように負担を調整することが大事です。
貯蓄については、それぞれが残った資金の中で行うことになりますが、夫婦でしっかり貯蓄ができているかをお互いにチェックする必要があります。

メリット
手元に残ったお金は、未来のための貯蓄のほか、夫婦それぞれのお小遣いに充てることができます。自由度が保たれる点はメリットです。

どんな夫婦に向いている?
広く共働き夫婦に向く方法です。お互いにしっかり貯蓄ができる夫婦に向きます。

上手な家計管理のポイント
夫婦の年収比と支出割合が乖離しないように点検することや、貯蓄に関して、目標額を設定し、時々はお互いにチェックし合うなどのルールを設定することがこの家計管理法のポイントといえます。冠婚葬祭が重なって出費がかさむときなどは、担当でない方も負担するなど、臨機応変に対応していくとよいでしょう。担当する費目に毎回金額が変動する流動費が含まれる場合は、家計簿アプリなどを活用することで点検でき、情報を共有しやすくなります。

3. 完全1本化タイプ

どんな管理方法?
家計を完全に1本化して管理し、自分たちが使うお小遣いも家計から受け取るのが、「完全1本化タイプ」の管理法です。

メリット
家計を一括管理するため、収支を把握しやすく、計画的な貯蓄もしやすいのが特徴です。お互いに自由になるお金は限られる反面、最も貯まりやすい点はメリットです。

どんな夫婦に向いている?
夫が大黒柱で、妻は専業主婦かパート、という場合に多い家計管理法です。しかし、貯蓄ペースを上げるために、共働き夫婦で採用するケースもまれにあります。

上手な家計管理のポイント
家計管理や資産管理を一方に任せきりにせず、2人で点検することが上手な家計管理法のポイントです。そのためにも、家計簿アプリなどの活用は必須です。

家計管理・資産管理を手軽に行うならアプリ活用も

3つのパターンを見てきましたが、いずれの方法でも、家計管理や資産管理は必要です。共働きで忙しい中、支出管理を手軽に行い、資産の状況も見える化できるツールとして、Monedgeのようなアプリを活用する方法があります。

支出管理が時短できる
Monedgeで支出管理を行う特徴として、費目ごとに1ヶ月の予算を設定できることが挙げられます。予算は前月の支出を参考にしながら自分で入力します。予算を超過した費目に注意マークが表示され、使い過ぎが把握できます。今月の実績をチェックすれば、支出の問題点を夫婦で共有でき、時短にもつながります。

バランスシートで資産管理を
わが家の資産の状況を把握するのにバランスシートがあると便利です。バランスシートとは、資産と負債、純資産を一覧にしたものです。預金や有価証券などの金融資産の残高だけでなく、住宅やマイカーなどの固定資産や、住宅ローンその他の負債を含めた資産状況を可視化できます。

資産が多くても、一方で負債も多ければ、純資産は小さくなります。もしも純資産がマイナスなら債務超過の状況であることがわかり、資産形成の問題が把握できます。夫婦でお互いに資産の状況を報告し合うのに便利です。

おわりに

家計管理法や資産管理法は、自分や夫婦でしっくりくる方法を選ぶといいでしょう。実際の管理では、あまり手間がかからず、しかも、管理しやすいアプリを取り入れると、ストレスなく続けられます。また、アウトプット画面が見やすく、情報を共有しやすいことも選択のポイントといえそうです。

豊田 眞弓(とよだ まゆみ)

豊田 眞弓(とよだ まゆみ)

FPラウンジ代表。マネー誌などのライターを経て、94年より独立系FP。個人の相談業務や講演、マネーコラム執筆ほかを行っている。「人生の3・5大支出(教育・住宅・老後+介護)に備えてハッピーで持続可能な家計の実現」をサポート。「子どもマネー総合研究会」「親の介護・相続と自分の老後に備える.com」を主宰するほか、大学・短大で非常勤講師も務める。趣味は講談、投資。

ソニー銀行で口座開設

関連タグ

Monedgeアプリ家計管理

おすすめ記事

コラム

最新記事