ホーム ソニー銀行 『ウェルスナビCEOの柴山氏がお答え!ロボアドバイザーによる資産運用』セミナーレポート

『ウェルスナビCEOの柴山氏がお答え!ロボアドバイザーによる資産運用』セミナーレポート

ソニー銀行

CONSULTING PLAZA , WealthNavi , ウェルスナビ , セミナー , ソニー銀行 , ロボアドバイザー , 資産形成、ロボアド , 資産運用

WealthNavi for ソニー銀行の重要事項

こんにちは、サオリンです。2月1日(木)、セミナー『ウェルスナビCEOの柴山氏がお答え!ロボアドバイザーによる資産運用』を当社CONSULTING PLAZA(東京・銀座)で開催しました。
ソニー銀行は、2017年12月から、資産運用を全自動でおまかせできるロボアドバイザー『WealthNavi for ソニー銀行』のサービスを開始しましたが、すでに1,000名以上のお客さまにご利用いただいています。
投資をする人としない人では、ますます格差が広がると言われています。これから自分で資産を運用するのは大事ですね。
セミナーを聞いて、もっと早く知りたかった!今すぐはじめよう!と思いました。
今回のブログでは、資産運用の必要性を感じつつなかなか踏み出せなかったかたにも、是非知っていただきたい、投資のセオリー「長期・積立・分散」をご紹介します。

WealthNavi for ソニー銀行とは?

全自動で資産運用をおまかせ、PCやスマホで管理できる優秀なロボアドバイザーです。
6つの質問に答えるだけで、リスク許容度を診断し、最適なポートフォリオで自動運用してくれます。

wealthnavi01_bnr.png

講師紹介

講師は、ウェルスナビ株式会社 代表取締役CEOの柴山 和久(しばやま かずひさ)氏です。
起業前には、日英の財務省で合計9年間勤務後、マッキンゼー・アンド・カンパニーに移り、資産規模10兆円の機関投資家を1年半サポートされています。東京大学法学部、ハーバード・ロースクール、INSEAD卒業。ニューヨーク州弁護士。
また、アメリカ人の奥様と国際結婚され、資産運用に対する日米の姿勢の違いに気づいた経験もあり「誰もが安心して手軽に利用できる次世代の金融インフラを築きたい」と、2015年4月にウェルスナビ株式会社を設立されました。

DSC01954.png

セミナー内容

これから将来のお金を形成したい投資初心者のかた向けに、資産運用の基本についてセミナーの一部を抜粋してご紹介します。

「長期・積立・分散」でリスクを管理しつつ、着実な資産運用を

長期が大事!

投資のポイントは「長期」で運用すること。
産油国で財政が健全なノルウェー。運用額が世界最大規模(約100兆円!)の「ノルウェー政府年金基金」は、「長期・積立・分散」で運用されています。1年ごとのリターンでみるとリーマンショックの年など大きくマイナスな年もありますが、1997年から20年のスパンでみると198%ものプラスです。
人間の脳はマイナスのときの印象が強く残るしくみになっているので、短期的にマイナスを見ると焦って手放したり運用手法を変えたりしがちですが、長期的にプラスになることを目指してじっくり運用していくことが大事です。

wn01.png

積み立てが大事!

積み立てのメリットは、投資時期を分散することで、株価の変動や為替リスク(円安・円高)などの一時的な動きに左右されずに長期的に資産運用に取り組めることです。
過去のシミュレーションから、積立投資は何度かあった経済危機を乗り越えてしっかりリターンを出していることがわかります。

wn02.png

分散が大事!

「ポートフォリオ」を知っていますか?
ポートフォリオは、いろいろな資産の組み合わせのこと。預金、株式、債券、天然資源、不動産といったさまざまな資産を組み合わせて、リスクやバランスを考えながらポートフォリオを組むことが資産運用の基本です。
ノルウェー政府年金基金も様々な資産を組み合わせたポートフォリオになっています。いろいろな金融商品に分散して運用したほうが安定して資産が増えていくことが、理論的にも経験上も知られているからです。

wn03.png

世界経済の成長に投資すればリターンを期待できる

でも、なぜ長期運用するとリターンが期待できるのか、気になりませんか?
その理由は、ずばり「世界経済の成長が期待できる」からです。

wn04.png

r(資本のリターン)4-6% > g (GDP成長率)3-4%

資本のリターン、つまり投資によるリターン(r)は、世界経済の成長率の+1-2%を期待できる。
これは投資をしている人と投資をしていない人で、格差が広がることを意味しています。

初心者でもロボアドにおまかせ!

WealthNaviなら、リスク許容度に応じた最適なポートフォリオをご提供し、運用期間中も個別にポートフォリオをモニタリングし、自動で資産運用を行うことができます。

リスク許容度は、リスクとリターンのバランスを選ぶもので、リスク許容度が高いほどリスクをとってリターンを求めるポートフォリオです。
自分でポートフォリオを組むのは知識がないとなかなか難しいもの。でもロボアドなら知識と経験をカバーしてくれるので、初心者でもはじめられますよ。
投資経験のあるかたなら、ぜひページでウェルスナビ社 CEO柴山氏の運用実績をチェックしてみてください。

いかがでしたでしょうか?
私はさっそくWealthNavi for ソニー銀行の口座開設を申し込みましたよ♪
長期投資をはじめるなら、早ければ早いほうがいい!と思いました。興味を持たれましたら無料診断を体験してみてくださいね。

▼6つの質問に答えるだけ!
無料診断してみる

WealthNavi for ソニー銀行ご利用のフローはこちら

▼2018年3月末までキャンペーン実施中!
wealthnavi02_bnr.png

▼これまで資産運用に踏み出せなかったかたに
wealthnavi01_bnr.png

01.png

資料提供:ウェルスナビ株式会社 (2018年2月1日時点の資料)

CHECK こちらの記事もあわせてチェック! CHECK こちらの記事もあわせてチェック!

RANKING 1週間の人気記事 RANKING 1週間の人気記事