ホーム マネーライフ コンビニATM手数料の利用実態を調査

コンビニATM手数料の利用実態を調査

マネーライフ

ATM , コンビニ , 手数料

こんにちは、ソニー銀行のルナです。

突然ですが、みなさんはコンビニのATMを使いますか?最近はATMが設置されているコンビニがほとんどでとても便利になりましたが、手数料など心配な面もありますね。そんなコンビニATMの利用実態についてソニー銀行が調査を行いましたので(2013年12月実施)、その結果をご紹介します。

コンビニATMってみんな使っているの?

「銀行のATMじゃないと不安」といったかたも多いかもしれませんが、コンビニのATMはみなさん利用しているのでしょうか?
「現金を引き出すのに使うATMはどこか」という問いに対し、「コンビニに設置されているATM」と回答したかたは33.8%、3人に1人以上が利用しています。一番多いのは「銀行に設置されているATM」、その次には「郵便局に設置されているATM」「コンビニに設置されているATM」と続きます。
また、それぞれのATMからの引き出し金額の平均は、「銀行に設置されているATM」が4万円台と、他のATMより利用金額が高いという結果になりました。

1109_01.png

【Q:1回の引き出し金額は?(平均値)】 n=1,037 ※複数回答

1109_02.png

どんなときにコンビニATMを使う?

ATMの利用シーンを訪ねたところ、「給料日後の生活費を引き出したいとき」に利用するのは「銀行に設置されているATM」と答えた人が圧倒的に多い結果となりました。一方「すぐに使うお金を引き出したいとき」に利用するのは、「コンビニに設置されているATM」が多く、出先でどこでも引き出せるのがメリットのようです。

1109_03.png

ATM手数料のイメージは?

ATMの利用手数料についての印象を各ATMごとに聞いたところ、「利用手数料が安い」イメージのATMは「銀行に設置されているATM」と回答した人が多く、「利用手数料が高い」イメージのATMは「コンビニに設置されているATM」と回答した人が多い結果となりました。実際メガバンクや地方銀行などは、自社ATMなら時間内は無料、コンビニATMは必ず手数料がかかる、といったところが多いのも事実です。

1109_04.png

ATMの手数料は年間いくらかかっている?

コンビニATMの1ヶ月の利用頻度を調査したところ、1回もしくは2回と答えた人のゾーンが最もボリュームが大きく全体のおよそ6割を占めました。
また、それぞれの回数より1回の手数料を調査当時の「105円」として年間の手数料を計算すると、その加重平均金額は2,952円です。今は消費税があがり「108円」となっているのでもう少し高くなります。

【Q: 1ヶ月のコンビニATMの利用頻度は? 】n=350

1109_05.png

※1:実際の選択肢は「6〜7回」、※2:実際の選択肢は「8〜10回」、※3:実際の選択肢は「11〜15回」、※4:実際の選択肢は「16〜20回」、※5:実際の選択肢は「21回以上」

コンビニATMを利用するなら手数料がかからない銀行を選ぼう

とても便利なコンビニATMですが、手数料が毎回かかるのはとても残念。
そんなときは、コンビニATMで手数料がかからない銀行を選びましょう。
ネット銀行など一部の銀行では、コンビニATMが完全無料なところもあります。

たとえば、ソニー銀行の場合、セブン銀行ATMでのお預入れ・お引き出しはいつでも何回でも無料です。円定期の金利が低い今、1万円引き出すのに108円かかっていたら大変な出費ですよね。節約できるところからはじめてみてはいかがでしょうか。

ソニー銀行のATM手数料はこちら

CHECK こちらの記事もあわせてチェック! CHECK こちらの記事もあわせてチェック!

RANKING 1週間の人気記事 RANKING 1週間の人気記事