ホーム ライフスタイル 口座振替ってなんだっけ? 今さら聞けない口座振替サービスの始め方

ライフスタイル

口座振替ってなんだっけ? 今さら聞けない口座振替サービスの始め方

口座振替とは、毎月の公共料金やクレジットカードの支払いが、指定の口座から定期的に自動で引き落とされる決済サービスのこと。

今回は、口座振替を初めて利用するかた、よくわからないかたのために、口座振替のサービス内容や始めるための手続きについて、わかりやすく解説していきます。

口座振替の始め方を、すぐに知りたいかたはこちらをお読みください。
3. 口座振替の申込方法

目次
今さら聞けない口座振替サービスの始め方

  1. 口座振替とは
  2. 口座振替の注意点
  3. 口座振替の申し込み方法
  4. ネット銀行への口座振替申し込み

1. 口座振替とは

まず、口座振替とはどんなサービスかについて説明します。
口座振替サービスをすぐに始めたい人は、読み飛ばして、こちらをお読みください。
3. 口座振替の申込方法

口座振替サービスとは

「口座振替サービス」は、利用者にとっては、毎月の料金を自動で支払ってくれるサービスであり、クレジットカード会社やNHKなど、料金を回収する事業者(収納企業といいます)にとっては、自動でお金を回収してくれるサービスです。

利用者が口座振替サービスに申し込むことで、公共料金やクレジットカード会社への支払いが、銀行など金融機関の指定の口座から自動で引き落とされるようになります。「口座振替」は、「自動振替」とも呼ばれていて、一般的に手数料がかかりません。

毎月振込用紙で、コンビニエンスストアや金融機関から料金を振り込んでいるかたにとっては、支払い方法を口座振替に変えることで、振り込みに行く手間が減るのでとても便利です。

*公共料金や税金の口座振替に対応していない銀行もあるので注意してください。対応していない場合は、クレジットカードを利用して支払うことになります。

口座振替で支払いができる業種

口座振替を利用して支払いができるものの代表として、クレジットカードや公共料金があげられますが、それだけではありません。他にもたくさんの企業への支払いを口座振替で行うことができます。以下に例をあげますが、毎月料金が発生するサービスに使われることが多いですね。詳しくは各銀行の口座振替サービスのページをご覧ください。

口座振替を利用できる業種の例

  • 税金
  • 公共料金
  • クレジットカード
  • 通販
  • 不動産
  • 生命保険
  • 損害保険会社
  • 通信教育
  • ケーブルテレビ
  • 警備会社
  • インターネットサービスプロバイダ

など

2. 口座振替の注意点

ここからは、口座振替を利用するにあたっての注意点について説明します。

引き落とし日の前日(営業日)までに入金

お金が引き落とされる口座に、引き落とし日の前日(営業日)までに必要な金額を入金しておきましょう。

たとえば、引き落とし日が、火曜日であれば、前日の月曜日までに入金を済ませておく必要があります。
引き落とし日が、月曜日だった場合、週末はお休みなので、前の週の金曜日までに入金をしておきましょう。

また、引き落とされる金額は、銀行に問い合わせをしてもわかりません。クレジットカード会社など、支払先の事業者に問い合わせしてください。

引き落とされたかどうかは自分で確認

残高不足で引き落としができなかった場合、「口座引き落としについての確認」などメールで連絡がくる銀行もありますが、できれば自分で確認することをオススメします。通帳に記帳する、もしくは、取引履歴を見るなどすれば、指定口座からお金が引き落とされたかどうか確認することができます。

3. 口座振替の申し込み方法

口座振替は、書面、または、WEBで申し込むことができます。公共料金の支払いを除けば、銀行ではなく、先に収納企業(料金を支払う先の会社)に連絡をする点に注意してください。

書面申し込み

書面で申し込む場合、指定の「口座振替依頼書」に必要事項を記入・押印し、収納企業へ郵送します。公共料金に関しては、金融機関で用意されている口座振替依頼書に記入し、提出して手続きをすることも可能です。

Web申し込み

収納企業のウェブサイトで、必要事項を入力し「口座振替」の申し込みを受け付けている場合もあります。

申込から口座振替開始までの期間

書面による郵送手続きの場合、送付した口座振替依頼書に不備がなければ、通常は翌月または翌々月から口座振替が始まります。一方、Web申し込みの場合は、即日〜数日で手続きが完了し、当月または翌月には口座振替が始まるのが一般的です。

4. ネット銀行への口座振替申し込み

ネット銀行でも口座振替を行うことができます。ネット銀行の場合、対面窓口のある実店舗がないので、郵送やインターネットで申し込み手続きを完了することになります。
ネット銀行の口座振替申し込み手続きの例として、ソニー銀行の場合を紹介します。

預金口座振替依頼書で申し込む

  • 収納企業へ連絡
    収納企業から預金口座振替依頼書を取り寄せ、ソニー銀行の口座情報を記入して収納企業へ提出します。届出印を捺印する欄がある場合、ソニー銀行では口座開設の際、届出印はないため、任意の印鑑を捺印しておきます。
  • ソニー銀行からのメールを確認
    収納企業より受領した預金口座振替の依頼内容がソニー銀行で登録された後、申し込みを受け付けたことを知らせる電子メールが届きます。
  • 口座振替の設定
    電子メール受信後、14日以内にソニー銀行のPCサービスサイトへログインして、口座振替の設定の手続きを完了させます。

収納企業のWebサイトから申し込む

  • 収納企業のWEBサイトにアクセス
    収納企業のWebサイトにアクセスし、口座振替を申し込みます。
  • 引き落とし口座を設定
    引き落とし口座として、ソニー銀行の口座情報を入力します。
    画面に出てくる手順に従い、必要項目を選択・入力します。ソニー銀行の支店名は「本店営業部」のみのため、支店検索では「ホ」を選択します。
  • 口座振替申込をクリック
    最後に「口座振替申込」をクリックすると、認証項目が合致していれば口座振替の設定が完了します。

いかがでしたか?
今回はとっても便利な口座振替の使い方についてご紹介しました。
最初、申し込み手続きや登録作業は必要になりますが、毎月のようにコンビニに足を運んで支払いをしていたかたにとっては、時間の節約につながりますし、口座の中で支払い情報も管理できるのでとても便利です。登録作業も紹介した通りとてもカンタンです。ぜひ、口座振替にチャレンジしてみてください!

引き落とし口座の設定はソニー銀行で!

引き落とし口座の設定はソニー銀行で!

関連タグ

公共料金口座振替自動振替

ライフスタイル

最新記事