ホーム 体験記 震災復興のシンボル!岩手・大船渡温泉をゆく

体験記

震災復興のシンボル!岩手・大船渡温泉をゆく

東日本大震災から8年が経過しましたが、復興はまだ道半ば。
ただいまソニー銀行では投資型クラウドファンディグ「Sony Bank GATE」にて「大船渡温泉 応援ファンド」のお申し込みを受付中です(2019年3月24日(日)まで)。
被災地・岩手県大船渡市で復興のシンボルとして賑わい、成長を通じて地域経済へのさらなる貢献を目指す大船渡温泉。
まずはこの目でしっかり見てこなきゃというわけで、ブッチーが実際に宿泊してきました。

「日本・ラオス親善ゾウ」にご挨拶

北海道から九州までお出かけはどこでもバイクのブッチーだけに、岩手までの移動手段も当然バイク。
夜中のうちに東京を出発しましたが、3月上旬とあって東北に入っても寒さはそれほどではありません。
渋滞もなくスムーズに岩手県内に入りましたが、目的地の大船渡市へ進む前に一関市の「岩手サファリパーク」にちょっと寄り道。

1.jpg

ここには被災地の子どもたちへ笑顔を届けるべく、2012年にラオスから親善大使として来てくれた2頭のゾウさんがいるのですが、残念ながらこの3月末に帰国の予定。長い間ありがとう、ラオスに帰ってもお元気で!
帰国する2頭に代わって今後2代目の日本・ラオス親善ゾウさんが来てくれる予定です。遠い国の皆さまが被災地を応援してくれています。

絶景、絶景、また絶景の大船渡

気仙沼、陸前高田を通過すると、目的地の大船渡市に。
せっかくなので、ここで風光明媚な大船渡の景勝地をご紹介!

碁石岬

さすが三陸のリアス式海岸ならではの地形、碁石岬はまさに絶景!

2.jpg

ここの碁石埼灯台は恋人の聖地として「恋する灯台」に認定されているそうですが、僕のようにひとりさびしく訪れてもノープロブレム。

3.jpg

穴通磯

これぞ大自然の造形美。海水の浸食で3つの穴があいた巨岩、穴通磯。
これが見られただけで来て良かったと感じましたが、なんと地元漁師さんの操る遊覧船に乗るとこの穴の下をくぐることもできちゃいます!

4A (2).jpg

ど根性ポプラ

今回一番見たかったのが、生命の逞しさを象徴するこれ。震災時の大津波にも負けることなく立ち続け、地元の皆さんに勇気を与えてくれたど根性ポプラ。
次は葉が生い茂っている季節にまた来たいです。

5.jpg

大船渡市内でしばしば見かけたのが、このような感謝や復興への決意を込めたメッセージ。
全国の皆さまの応援で、大船渡の街は一歩一歩着実に、力強く前に進んでいます!

6.jpg

展望もお料理も最高!大船渡温泉

7.jpg

いよいよ今回の旅のゴール、大船渡温泉に到着です。
三陸自動車道の「大船渡碁石海岸インター」で降りるとすぐの好アクセス。
しかも太平洋を一望できる絶好のロケーション!
東日本大震災で多くの宿泊施設が被害を受けた中、地域経済の復興・発展への想いをもとに2014年7月開業。
以来、復興支援で訪れる作業員やボランティアのかたの宿泊施設としても、地元の皆さまの憩いの場、雇用創出の場としても大活躍。宿泊のほか日帰り入浴も楽しめる点もポイントで、もちろん観光で訪れたかたにも大好評!
館内は清潔感にあふれ、とても綺麗です。

セールスポイントのひとつ、大船渡湾に面した天然温泉の展望大浴場。
しかも屋外の露天風呂に出ることもできて、ここから眺める海と空は最高です!
ポカポカの湯舟につかっているとバイク旅の疲れも吹っ飛び、心身ともにリフレッシュ。

8.jpg

三陸海岸は、世界三大漁場のひとつ。しかも大船渡温泉のオーナーは地元の漁師さん。
それだけに海の幸をメインとしたお料理はまさに絶品!
しかもボリューム満点で、食欲旺盛なことには定評のある僕もお腹がいっぱいに。
このボリュームは開業直後からの伝統で、疲れて帰ってくる復興工事関係のお客さまにお腹いっぱい食べてもらいたいとの想いに由来するそうです。

心地よい温泉と極上のお料理で、文字どおり気分は極楽!

9.jpg

復興を目指す街に陽がのぼる

せっかくなので、早朝は日の出を見たいもの。
ありがたいことに大船渡温泉のフロントには翌朝の日の出時刻が記されているので、早起きして屋上でスタンバイ。

10.jpg

復興を目指す大船渡の日の出は神々しいまでに美しく、見つめているだけで体に活力がみなぎります。今回は屋上で日の出を迎えましたが、次回訪問の際は展望露天風呂から眺めてみたいです。
絶景、温泉、豪勢な海の幸、そしてとても親切な従業員の皆さん、街のかたがた。大好きな街となったので、今度はど根性ポプラが緑色に茂ったころにまた来ます!リアス式海岸の断崖絶壁も必見ですし、皆さまもぜひ訪れてみてはいかがでしょうか?
がんばれ東北、がんばれ岩手、がんばれ大船渡温泉!

繰り返しとなりますが、ソニー銀行は投資型クラウドファンディグ「Sony Bank GATE」にて「大船渡温泉 応援ファンド」のお申し込みを受付中です(2019年3月24日(日)まで)。

三陸沿岸の観光業の成長を通じて地域経済への貢献を目指す大船渡温泉に、クラウドファンディングを通じたお力添えをお願いいたします。

11.jpg

関連タグ

Sony Bank GATEクラウドファンディング大船渡温泉

体験記

最新記事