ホーム 体験記 日経CNBC×and GIRL 「GIRLなマネーセミナー」

体験記

日経CNBC×and GIRL 「GIRLなマネーセミナー」

こんにちは。ソニー銀行のミホです。
6月22日(土)に行われた「GIRLなマネーセミナー」に参加してきました。

女性ファッション誌「and GIRL」主催、アラサー女性向けのマネーセミナーということもあり会場は風船や笹が飾られていて、キラキラと華やかな雰囲気!来場されたかたは、写真を撮ったり短冊にねがいごとを書いて笹に飾ったりと楽しまれていました。

さらに、軽食として手まり寿司が提供されたり、休憩時間にはちょっとしたおやつとコーヒーもあったりと、楽しみもいっぱい!

気になるセミナーの内容は・・・?

  • 「株ドル」としても活躍中の杉原杏璃さん「株式投資をはじめたきっかけやこれからの夢」
  • 日経CNBCアンカーの岡村友哉さん「投資のための情報収集術」
  • ファイナンシャルプランナーの高山一恵さん「お金との上手な付き合いかた」
  • ウェルスナビ株式会社の牛山史朗さん「世界を味方につける、頑張らない投資法」

など盛りだくさん!

ソニー銀行は「GIRLのおかねのハナシfor and GIRL」と題して、老後に必要となるお金のことやお金を「ためる」だけではなく「ふやす」ためのひとつの方法として、資産運用のお話をしました。

DSC00027.jpg

資産運用にはいくつかの方法がありますが、今回は投資信託と外貨預金をご紹介。

運用をプロにおまかせ

資産運用と聞くと「なんだか難しそう」というイメージをお持ちのかたも多いかもしれません。
実は、運用をプロにおまかせする方法もあり、そのひとつが「投資信託」。投資信託とは、投資家(皆さま)から預かったお金をひとつの大きな資金としてまとめ、運用の専門家が国内外の株式や債券などに投資・運用する商品です。

image01.png

国内外のさまざまな商品に分散して投資することができるのも投資信託の魅力のひとつ。
投資信託によって投資対象は異なるので、投資対象でファンドを選ぶのもひとつの方法です。

リスクを軽減するには

資産運用は「損するんじゃない?」という不安もありますよね。
投資信託や外貨預金は、預金と異なり元本が保証されている金融商品ではありません。たとえば、投資信託は値動きのある株式や債券などに投資する商品であるため、損をすることもあれば利益がでることもあります。資産運用のおけるリスクとは、こうした「価格の振れ幅」のことを意味しています。
一般的に、投資期間が長くなるほどリスク(価格の振れ幅)が小さくなるため、長期投資がリスクを軽減するポイントです。

image02.png

積立作戦で無理なくスタート

ある程度まとまったお金がないと資産運用はできないというイメージはありませんか?
実は、投資信託も外貨預金も積立購入を利用することで少額からスタートすることができます。
ソニー銀行の場合、外貨預金は500円、投資信託は1,000円からご利用OK!
リスクを低減するポイントである「長期投資」にも積立はぴったり。自分のペースで無理なく続ける資産づくりを始めてみましょう。

image03.png

最後はクイズで復習

最後に、当日お話した内容を踏まえてゲーム感覚で楽しんでいただけるクイズを実施。
クイズはポイント制で行い、1位~3位のかたにはソニー銀行オリジナルグッズをプレゼントさせていただきました。

対面で相談OK

投資信託や外貨預金に興味はあるけど、よくわからないし誰かに相談したいというかた、お金について漠然としたお金の悩みがあるかた。
対面で相談ができるCONSULTING PLAZAをぜひご利用ください。
専任のアドバイザーがあなたのマネ活をしっかりサポートいたします♪

関連タグ

セミナー外貨預金投資信託投資信託・NISA資産運用

体験記

最新記事