ホーム コラム 外貨送金の手数料をざっくり解説します。

コラム

外貨送金の手数料をざっくり解説します。

こんにちは。栄一です。

プレゼント金額がUP!した外貨送金キャンペーン が開催中です。

ところで外貨送金をするにしても、気になるのは手数料。今回は、外貨送金にかかる手数料について調べてみました。

その①:送金手数料

読んで字の如く、送金のために行う事務の手数料です。送金元の銀行で発生します。各行によってまちまちですが、当社の場合は3,000円としています。円振込にかかる手数料と比較すると高く感じますが、業界内では低い水準です。

その②:中継銀行手数料

「中継銀行で発生する」手数料です。「中継銀行とは何ぞや」というのが当然の疑問ですが、これが少々わかりにくい。

外貨を海外に送金するときは、

送金元銀行⇒中継銀行⇒送金先銀行

といった具合に、別の銀行で仲介を行うことがあるのです。この「間に入って作業を行う銀行」で発生するのが、中継銀行手数料です。受取先国などにより、中継銀行がどこになるかが事前に把握できないため、この手数料の金額も事前にはわからないことが多いです。

その③:受け取り手数料

送金先となる受け取り銀行で発生する手数料で、銀行によっては、1,500円 程度とこちらも無視はできない金額です。

しかし、ソニー銀行では受け取り手数料は頂戴していません。安心。

その他にも、外貨預金から外貨のまま送金する際や、外貨送金をその通貨で受け取る際には「外貨取り扱い手数料」がかかる場合もあります。「送金金額の1/20%(最低2,500円) 」といったように、送る金額に応じた手数料を設定しているところもあります。

これらを簡単にまとめて比較すると以下のとおりです。

0210g.PNG

いかがでしたか?

手間がかかり、手数料体系もわかりにくい外貨送金。

しかし、今ならもれなく現金が貰えるチャンス。この機会にぜひ、ソニー銀行に外貨をまとめてみませんか?

関連タグ

キャンペーンソニー銀行外貨外貨預金為替送金

コラム

最新記事