ホーム お知らせ 新ファンド4本の販売を開始しました!

お知らせ

新ファンド4本の販売を開始しました!

2020年9月18日(金)、新たに4本のファンドの販売を開始しました。
コロナショックなどで市場は大きく動いていますが、そんな中で皆さまのニーズにお応えできるファンドを厳選しました。特に中長期投資・積み立て投資におすすめできるファンドを取り揃えています。もちろん、販売手数料は全ファンド無料!魅力や特徴を簡単にご紹介します。

価格の変動を年率4%程度に。「投資のソムリエ」でリスクを抑えた資産運用を。

「投資のソムリエ」は、市場環境に応じて機動的に投資対象資産の配分を変更することで大きく負けないことを目指すファンドです。コロナショックにおいても運用戦略が奏功し、3月の月次リターンは多くのバランスファンドが苦戦するなか+0.13%とプラスを維持。運用経験が少ないかたにもおすすめできるファンドとなっております。

どんなものに投資?原則、世界8資産に分散投資。 資産分散のコツは?月次戦略で基本配分比率を決定し、価格変動要因の分散を図ります。 投資環境が急変した場合では?日次戦略で配分比率を変更し、下落局面での値下がり抑制を図ります。
基準価額の変動リスクを年率4%程度に抑え、安定的な基準価額の上昇をめざします。
※資金動向、市況動向などによっては、上記のような運用ができない場合があります。

iDeCoや企業型確定拠出年金にも採用されている「投資のソムリエ」の運用戦略。将来の資産形成に向けてぜひご利用ください。

投資のソムリエ

グローバルな視野を「グローバル・ハイクオリティ成長株式ファンド(為替ヘッジなし)(愛称:未来の世界)」

長期的な資産形成を考えるなら、世界に目を向けてみてはいかがでしょうか。「未来の世界」は長期・継続・グローバル分散をコンセプトとした運用戦略によりハイクオリティ成長企業に割安と判断される水準で厳選投資をしています。

ハイクオリティ成長企業とは
デスラプティブ・チェンジ 革新的変化の中で、持続的に成長可能なビジネスモデルを持っていること
競争優位性 他社との差別化を可能にする事業戦略や価格決定力を持っていること
ESG評価 環境への配慮や社会的な影響、企業統治への取り組みが顕著であること
財務健全性 借入金に過度に依存せず、投下資本に対して利益を効率的に生み出していること
成長性 良好な内部成長、景気サイクルを通じた長期安定的な成長性を持っていること
*1 ESGとは、環境(Environment)・社会(Social)・企業統治(Governance)の頭文字をとった略称です。
*2 企業ぐるみの不正や、違法行為等を防止するために企業を統制・監視する仕組み
※資料作成時点のファンドマネージャーの考えに基づくものであり、今後予告なく変更される場合があります。
出所:モルガン・スタンレーインベストメント・マネジメントの情報をもとにアセットマネジメントOne作成
資金動向、市況動向等によっては、上記のような運用ができない場合があります

お客さまの「未来の世界」をよりよいものにするために資産運用のひとつとして選んでみませんか?運用戦略がわかる動画をファンド紹介に用意しています。ぜひご覧ください。
グローバル・ハイクオリティ成長株式ファンド(愛称:未来の世界)

"投資の神様"バフェット流投資哲学「モルガン・スタンレー グローバル・プレミアム株式オープン(為替ヘッジなし)」

資金流入額で常に上位の海外株式アクティブファンド。投資したいけどリスクも大きいし不安というかたに、ご利用いただきたいファンドです。「モルガン・スタンレー グローバル・プレミアム株式オープン(為替ヘッジなし)」は"損をしないこと"を最重視し、プレミアム企業への適正価格での投資を目指しています。運用戦略担当者のウィリアム・ロック氏からのメッセージもぜひご覧ください。

動画
Part1 株式市場の見通し

続きはこちら
Part2 ウイズコロナでの運用戦略
Part3 皆さまへのメッセージ

リスクを抑えたファンドでは物足りないというかたは、ポートフォリオのひとつとして。積み立て投資シミュレーション動画もぜひご覧ください。

モルガン・スタンレー グローバル・プレミアム株式オープン(為替ヘッジなし

話題の原油先物に投資「UBS原油先物ファンド」

2020年4月、WTI原油先物価格(5月先物)が史上初めてマイナスになったと報道された際は、原油先物への投資が注目を浴びました。
当ファンドの参照指数とWTI原油先物指数の推移(米ドルベース、2012年12月末~2020年6月末)

当ファンドの参照指数とWTI原油先物指数の推移

WTI原油先物指数(直近限月)CMCI指数WTI原油指数
2012年12月末 100.0 100.0
2014年12月末 60.9 70.1
2016年12月末 36.0 54.1
2018年12月末 29.8 48.5
2019年12月末 39.9 61.7
2020年6月末 13.3 40.9

基準点を100として指数化しています。
UBS原油先物ファンドのベンチマークは、UBSブルームバーグCMCI指数WTI原油指数を円換算したものです。
出所:リフィニティブ、UBS証券、各種情報よりUBSアセット・マネジメント作成。WTI原油先物指数(期近もの)は、S&P GSCI Crude Oil Total Return指数。記載内容は過去のデータに基づいたものであり、将来の動向を示唆・保証するものではありません。

「UBS原油先物ファンド」はUBSブルームバーグCMCI指数 WTI原油指数に連動する上場投資信託に投資をしているファンドです。当ファンドは報道で話題となったWTI原油先物(直近限月)との連動を目指すものではなく、期間の異なる先物に分散投資を行い、限月交代(ロール取引)の影響の軽減を図ります。値動きの乖離はあれど、話題の原油への投資を投資信託で行うのであれば選択肢はETFを除けば当ファンドのみ。選択肢のひとつに加えてみてはいかがでしょうか?

UBS原油先物ファンド

最後に

今後もお客さまの多様な資産運用ニーズにお応えするため、商品・サービスを拡充してまいります。

ソニー銀行では、投資信託の積み立てで1万円が当たる!キャンペーンを実施中。この機会に投資信託の積み立てプランをお客さまの資産形成にお役立てください。

キャンペーン詳細はこちらから

関連タグ

投資信託投資信託・NISA積み立て資産運用

お知らせ

最新記事