ホーム エンタメ LaLiga1部は第5節まで終了!ビジャレアル久保建英選手の活躍は?

エンタメ

LaLiga1部は第5節まで終了!ビジャレアル久保建英選手の活躍は?

こんにちは、今シーズンのLaLiga1部で日本人最初のゴールが誰になるかドキドキしているネオンです。

LaLiga1部は10月3日(土)、4日(日)に行われた第5節までの試合が行われました。先週からはUEFAネーションズリーグやカタールワールドカップ南米予選など各国代表の試合を行うインターナショナルマッチウィークのため、次節の第6節が予定されている10月18日(日)まで試合はお休みとなります。

まだまだ今シーズンのLaLigaは始まったばかりですが、昨シーズン優勝した勢いで勝利を重ねたいレアル・マドリード、FWリオネル・メッシの退団騒動で揺れたFCバルセロナ、そのFCバルセロナからFWルイス・スアレスを獲得して得点力アップを図るアトレティコ・マドリードの第5節を終了した時点の戦いぶりを紹介します。もちろんビジャレアルのMF久保建英、SDエイバルのMF乾貴士とFW武藤嘉紀、SDウエスカのFW岡崎慎司についてもここまでの活躍ぶりをレポートしたいと思います!

レアル・マドリード

首位に立つレアル・マドリード

第2節のレアル・ソシエダ戦から今シーズンをスタートさせたレアル・マドリード。昨シーズンそのレアル・ソシエダで活躍し、6位フィニッシュに貢献したMFマルティン・ウーデゴールが先発して注目を集めましたが、攻撃陣が機能せずスコアレスドロー発進と昨シーズン優勝のいい流れを活かせませんでした。第2節レアル・ベティスとのアウェー戦もMFフェデ・ヴァルベルデのゴールで勢いに乗るかと思われましたが、前半のうちに逆転を許してしまって嫌なムードに。しかし、後半にオウンゴールとDFセルヒオ・ラモスのPKで再逆転し、そのリードをGKクルトワのファインセーブなどで守り切って初勝利を飾りました。

続く第4節レアル・バジャドリード戦は、チャンスを何度か作りながらFWヴィニシウスの1ゴールを守り切って連勝。第5節レバンテ戦ではFWヴィニシウスが2戦連続でゴール。しかしその後はMFモドリッチを中心に相手ゴールに攻め込みますが、なかなかボールを枠内に入れることができないまま、試合終盤の後半50分にようやくFWベンゼマの今シーズン初ゴールが生まれて2-0で3連勝を飾りました。

4試合(第1節は延期)を終えて勝ち点10の首位に立ったレアル・マドリードですが、守備ではGKクルトワの好セーブもあって失点を防いでいるものの、攻撃陣がうまく機能してゴールが奪えないようだと、勝ち点の思わぬ取りこぼしがあるかもしれません。昨シーズンの汚名を返上したいFWルカ・ヨビッチ、早くも今シーズン2ゴールのFWヴィニシウス、武者修行から戻ったMFマルティン・ウーデゴールの今後の活躍を期待したいですね。

レアル・マドリード

FWアンス・ファティが開幕から3ゴールで躍動するFCバルセロナ

今シーズン第3節のビジャレアル戦から登場したFCバルセロナ。これまで栄冠をともに勝ち取ってきたMFラキティッチやFWルイス・スアレスなどの主力選手を放出して、新監督クーマンがどのようなサッカーを展開するか注目される試合です。バイエルンからレンタル終了で復帰したMFコウチーニョと右ひざの手術で欠場のGKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンに代わってGKネトが先発した以外は、去年とほぼ同じ顔ぶれでスタートしました。
序盤からポゼッションサッカーを展開し、FWメッシを経由してチャンスを作りますが、この日の主役は、FCバルセロナのカンテラでビジャレアルMF久保と同僚だった、FWアンス・ファティ!DFジョルディ・アルバのマイナスの折り返しを右足で決めると、今度はMFコウチーニョのスルーパスを右足でゴール左下に流し込んでこの日2ゴール目。前半で勝負をつけて4-0で勝利しました。続く第4節セルタ戦でも、相手のクリアボールをMFコウチーニョがダイレクトで出したパスから、FWアンス・ファティがワントラップして前を向いて右足アウトサイドでゴールを奪取。その後、FCバルセロナがひとりの退場者を出して数的不利となりますが、オウンゴール含む2ゴールを追加して3-0でバライドスを攻略しました。第5節セビージャ戦では自慢の攻撃力が封じられ、1-1で連勝がストップ。FWグリーズマンの調子が上がらない分、FWアンス・ファティとMFコウチーニョのパフォーマンスが勝敗の行方を左右するかもしれません。

FCバルセロナ

今期のアトレティコ・マドリードは得点力に期待

FCバルセロナと同じく8月までチャンピオンズリーグを戦っていた関係で、第3節が開幕戦のアトレティコ・マドリードは、本拠地ワンダ・メトロポリターノにグラナダを迎えての初戦、先発はMFカラスコがメンバー入りしている以外、去年と同じメンバーでした。序盤はグラナダのロングボールに苦しむ場面も見られましたが、前半9分の早い時間にFWジエゴ・コスタのヘディングがゴールネットを揺らします。さらにFWジョアン・フェリックスがペナルティエリア内で倒されてPKを獲得するも、MFサウールのシュートはGKルイ・シウバがセーブ。アトレティコ・マドリードは追加点を奪えず前半が終了しました。後半に入るとFWジョアン・フェリックスが本領を発揮。早々にMFアンヘル・コレアのゴールをお膳立てすると、自らも切り返しから右足でゴールをゲット。この試合でエースとしての輝きを放ちました。そして圧巻だったのはFCバルセロナからやってきた点取り屋FWルイス・スアレスで、後半途中からピッチに投入されると味方のクロスからのヘディングと自らのシュートのこぼれ球を押し込んで2ゴール。エースと点取り屋の活躍でアトレティコ・マドリードは、開幕戦を6-1の大勝で飾りました。

これで勢いに乗るかと思われましたが、第4節SDウエスカ戦は相手の守備に苦戦し、猛攻を仕掛ける時間帯もあったものの結局スコアレスドロー、第5節ビジャレアル戦は相手にペースを握られてチャンスらしいチャンスは作れず2戦連続スコアレスドロー。今シーズンは好不調の波があるのでしょうか。キャプテンMFコケとMFサウールの中盤でボールを奪い、素早くFWジョアン・フェリックスに繋げて攻撃を仕掛け、FWルイス・スアレスがゴールを量産できるかがカギとなりそうです。

アトレティコ・マドリード

今シーズンLaLiga1部に所属する日本人選手の活躍は?

やはりなんと言っても期待がかかるのがビジャレアルに所属するMF久保建英!しかしここまでは開幕から5試合連続でベンチスタートとなり、途中出場するものの試合終盤での起用となっています。試合に出場すれば攻撃の中心となってボールをさばいたり、自分でドリブルを仕掛けたり、現地では一定の評価を受けています。ビジャレアルは主力選手の入れ替わりなどで、チームとしても再構築中ということもあり、RCDマジョルカ在籍時と同様にシーズン後半にかけてチームにフィットして活躍してくれることを期待しましょう。

6シーズン目のLaLiga1部を戦うSDエイバルのMF乾貴士は、開幕から第5節まですべて先発出場。左サイドで縦へのドリブル突破から左足でのクロスや、サイドから中に切り込んでシュートを放つなどチャンスメイクや得点に絡んでいます。特にビジャレアル戦では味方GKからのロングフィードを見事なトラップでボールをおさめると、ドリブルで相手GKと1対1に。惜しくもシュートはGKにセーブされ、日本人初ゴールはお預けとなりました。

今シーズンからSDエイバルに加入したFW武藤嘉紀は、アスレティック・ビルバオ戦に途中出場してLaLiga1部デビューを飾りました。続くエルチェCF戦、レアル・バジャドリッド戦と先発出場のチャンスを掴むと、積極的にフィニッシュに持ち込みますがゴールは生まれていません。

昨シーズンにLaLiga2部を優勝して今シーズンからLaLiga1部に昇格したSDウエスカのFW岡崎慎司は、開幕のビジャレアル戦から先発して念願のLaLiga1部出場を果たしました。初戦から精力的に動いて攻撃に絡む持ち味を発揮。前線から下がって動きながらボールをさばいてスペースを作る流れから逆サイドへ展開されると、オーバーラップしたDFパブロ・マフェオがビジャレアルGKセルヒオ・アセンホを打ち破ります。その後もダイビングヘッドなどでゴールを狙うも、第5節を終了した時点で無得点となっています。エルチェ戦では負傷交代となったため、早く回復してダイビングヘッドのゴールを決めてほしいですね。

岡崎慎司

世界最高峰ともいわれるスペインのプロサッカーリーグ、LaLiga(リーガ・エスパニョーラ)。日本のLaLigaオフィシャルバンキングパートナーであるソニー銀行では、魅力的なキャンペーンを実施しています。

キャンペーン詳細はこちら

2020年10月31日(土)までの期間中に所定の条件を満たしたかたの中から、抽選で合計100名さまにLaLigaクラブのホームユニフォームをペアでプレゼントするほか、エイバルのMF乾貴士サイン入りユニフォームなどが当たります!

089_l.png

LaLigaクラブのホームユニフォームは、人気のあるレアル・マドリードやFCバルセロナだけではなく、バレンシアやアスレティック・ビルバオの他に、MF久保建英所属のビジャレアル、MF乾貴士とFW武藤嘉紀が所属するSDエイバル、FW岡崎慎司所属のSDウエスカなどから好きなチームを選択してご応募いただくことが可能です!LaLigaユニフォームを当ててソニー銀行と一緒にLaLigaを応援しましょう!

関連タグ

Atlético de MadridFC BarcelonaFCバルセロナLaLigaReal MadridSD EibarVillarealアトレティコ・マドリードエイバルビジャレアルラ・リーガレアル・マドリード久保建英乾貴士岡崎慎司武藤嘉紀

エンタメ

最新記事