ホーム 体験記 住宅ローン返済中30代男性の資産運用のご相談事例(資産運用相談のお部屋から #4)

体験記

公開:

住宅ローン返済中30代男性の資産運用のご相談事例(資産運用相談のお部屋から #4)

住宅ローンの利用目的で開設したソニー銀行の口座、使わないともったいないサービスでいっぱい!直接アドバイザーに資産運用相談ができるCONSULTING PLAZA(コンサルティングプラザ)から、相談事例として「ソニー銀行の活用方法」をご紹介します。

ソニー銀行の活用法について知りたい

Dさん(30代後半男性)

Dさん(30代後半男性)

2年前ソニー銀行で住宅ローンを組むために口座開設。お借り入れ当初、住宅ローンの商品性については確認したものの、他の商品は特に気にしていなかったので、現在住宅ローン返済用の専用口座になっています。せっかく口座をつくったので、ソニー銀行の活用方法について知りたいというご相談でした。

1.「ソニー銀行の口座はどのような使い方ができるんですか?便利な使い方を教えてほしいです。」

優遇プログラムClub S についてご説明しました。
お客さまのお取り引き状況に応じて優遇内容が変わるこのプログラムは、住宅ローン残高があると最長5年間、ランクアップします!まずはステージごとの優遇内容をご覧いただきました。

優遇特典
ステージなしシルバーゴールド プラチナ
Sony Bank WALLET
キャッシュバック率(*1)
0.5% 1.0%
(0.5%上乗せ)
1.5%
(1.0%上乗せ)
2.0%
(1.5%上乗せ)
Sony Bank WALLET
海外ATM利用料無料回数(*2)
0回 月1回 月3回 月5回
振込手数料無料回数
Sony Bank WALLET あり
月2回 月4回 月6回 月11回
振込手数料無料回数
Sony Bank WALLET なし
月1回 月3回 月5回 月10回
ATM利用手数料無料回数 月4回 月7回 月15回 何度でも無料
為替コスト 米ドル15銭など
(優遇なし)
米ドル10銭など 米ドル7銭など 米ドル4銭など
外貨定期預金金利 優遇なし +0.01% +0.02% +0.03%
仕向け外貨送金手数料無料回数(*3) 0回 0回 月1回 月3回
専用ダイヤル

(*1)前月の1日~末日までの国内での Sony Bank WALLET のご利用金額に対し、該当ステージのキャッシュバック率にて割り戻した金額を毎月20日前後にお客さまの口座に入金いたします。
(*2)Sony Bank WALLET 海外ATM利用料は1回あたり220円(税込み)です。無料回数分をご利用月の翌月に円普通預金にキャッシュバックいたします。また、海外ATM手数料は、引きだす通貨・口座によって異なりますので、詳細は優遇特典詳細「Sony Bank WALLET 海外ATM利用料の優遇」をご確認ください。
(*3)1回あたり3,000円です。送金依頼人負担を選択された場合、別途支払銀行手数料3,000円/回がかかります。

現在シルバーのDさん。まずはキャッシュバックの存在に驚き!
「Sony Bank WALLET を使うと1%のキャッシュバックがあるなんて知りませんでした!大きいですね。コンビニやスーパーでもこのカードを使った方が良いってことですね。お金の管理のためにいつもは現金で買い物していました。」
Sony Bank WALLET はデビットカードなので、ソニー銀行の円普通預金口座から直接その場で引き落とされます。Sony Bank WALLET アプリを使えば残高や取り引き状況をいつでも確認できます。

またATMの無料引き出し回数の多さも初めてお知りに。
「ATMの引き出しが月7回も無料だったんですか。いつも手数料を払うのが嫌で仕事の昼休みにメインバンクのATMに並んでいましたが、ソニー銀行はコンビニで引き出せるんでしたよね。」
コンビニのATMは利用できる時間が長いですし、時間が有効に使えます。もちろんご入金はいつでも無料です。

利用できるATM

またDさんは定期的に他行からソニー銀行に無料でお金を振り込むおまかせ入金サービスを利用中。「ローンの支払い分だけソニー銀行に移していましたが、生活資金分も移動するようにしようかな。」と仰っていました。

2.「毎月の返済はできているので、資産運用もはじめたいと思っていますが、毎月積み立てできるような商品はありますか?」

積み立てできる商品は円預金、外貨預金、投資信託の3つがあります。今は特にiDeCoなどの制度もあり、投資信託での積み立てをするかたが増えていることをご説明しました。
iDeCoやNISAで投資信託の積み立てをすると、節税効果があることをご説明すると「住宅ローン控除も使っていますが、こちらでも節税メリットがあるんですね。ぜひ活用したいです。」と仰っていただきました。
毎月3万円、外貨預金か投資信託の積み立てをすると、Club S シルバーの条件が整い、住宅ローンのご利用でワンランクアップするDさんはゴールドになれます!(iDeCoは「投資信託の積み立て3万円」に含まれません)

3.「自分はどれくらいの金額を資産運用に回せるのかな」

「資産運用を始めるなら自分は具体的にどのくらいの金額を運用に回すといいでしょうか?」
まずはライフプランニングから!Dさんの毎年の収支バランス、将来の金融資産の状況を確認したうえで、資産運用
に回す金額を決めました。
「住宅ローンの返済が始まったばかりで、今後のお金の状況がどうなっていくのか気になっていましたが、住宅ローンの返済計画も見えてちょっと安心しました。」とのこと。

ライフプランニングの流れは過去のブログから確認できます。

自分のライフプランに沿って資産運用をしよう

ブログ記事用に相談内容は若干の編集を加えています。

その後

今まで毎月の貯蓄はそのまま円で預金していたそうですが、今後は Club S のランクアップを視野に入れ、NISAを活用して毎月3万円の投資信託を始めることになりました。お客さまのご意向やリスクの許容度を確認し、アドバイザーから具体的な投資信託をご提案しました。

ご相談予約はこちら

ローン返済開始当初は、当然のことながら返済に目がいきがちですが、ソニー銀行の利便性を知っていただけると、よりお役立ていただけると思います。
活用方法や資産運用についてわからないことがあれば、ぜひコンサルティングプラザにご相談ください。コロナ影響下でもお店に出向かなくて済むオンライン相談も受付中!皆さまのご相談をお待ちしています。

ご予約はリンク先の「まずは相談する」からどうぞ。

個別相談を申し込む
操作方法などのお手続きのお問い合わせはカスタマーセンターへご連絡ください。

ソニー銀行で口座開設

関連タグ

Club SSony Bank WALLETオンライン相談コンサルティングプラザ投資信託資産運用

おすすめ記事

体験記

最新記事