ホーム Sony Bank WALLET 海外 カリフォルニアでも Sony Bank WALLET をぞんぶんに活用してきました!

カリフォルニアでも Sony Bank WALLET をぞんぶんに活用してきました!

Sony Bank WALLET 海外

Sony Bank WALLET , Sony Bank WALLET 海外 , アメリカ , 外貨 , 旅行 , 海外ATM , 為替 , 米ドル , 米大統領選

外貨預金の重要事項

こんにちは、ソニー銀行のサオリンです。

前回、アメリカで使った現金について体験談をレポートしました。

今回はアメリカでの Sony Bank WALLET の使い心地と、出発前に貯めた外貨について、レポートします。

国内でもキャッシュレス、海外でもキャッシュレス!がモットーの私が、カリフォルニアでも Sony Bank WALLET をぞんぶんに活用してきました!

▼前回のブログ

現金はどうする?米ドルは、日本ではなく現地で入手します!

~Sony Bank WALLET 活用法(サオリンはこう使った篇)~

支払いは、基本 Sony Bank WALLET

Sony Bank WALLET とクレジットカードの2枚持ちで安心

日本で愛用している2枚のVisaカード(Sony Bank WALLET ,クレジットカード)が、アメリカでも大活躍です。

基本は Sony Bank WALLET で支払い、デビットカードに対応していない機械では、クレジットカードを利用します。

できるだけ Sony Bank WALLET を使おうとした理由は、米ドルの為替レートが分かって安心なことと、Sony Bank WALLET アプリで残高チェックができて安心なことです。私は1ドル約100円のときに買っておいたのですが、旅行中に大統領選の影響もあり1ドル約111円になったため、貯めておいた米ドルを Sony Bank WALLET で使いました。

Sony Bank WALLET が使えなかった場所

  • 電車(Caltrain)の自動販売機 ※デビットはNG、クレジットはOK
  • 電車(Amtrak)のチケット予約アプリでのカード決済 ※窓口販売ではOK
  • ガソリンスタンド

1209_01.png

電車Caltrainの自動販売機で、"NO DEBIT CARD"の文字

レジでの支払いはセルフで気楽

普段、コンビニでもスーパーでもさっとお支払いが出来るので気軽に Sony Bank WALLET 払いをしています。アメリカのほうがさらに気楽に使えると思ったのが、ほとんどのレジがセルフサービスなこと。日本ではクレジットカード払いの場合、お店の人にカードを渡し、機械に通してもらうことが多いですが、アメリカでは金額を言われたら、自分で機械に Sony Bank WALLET を通すので、お店の人の手を煩わせることがありません。日本おもてなし文化も、アメリカのセルフサービス文化もどちらもそれぞれいいなと思いました。

▼レジでのお支払い方法はこちら

Sony Bank WALLET レジでの注意点

▼レストランでのお支払い方法はこちら

レストランでのチップも Sony Bank WALLET でスマートに!

1209_02.jpg

スーパーのレジにて

Sony Bank WALLET の使い心地は?

Sony Bank WALLET での支払いはストレスもなく、小銭を数えなくていいのが楽でした!

海外のお金だと慣れていないため、計算するのが面倒で、お札をどんどん使って小銭がじゃらじゃらと増えがちですが、Sony Bank WALLET があると現金を使う場面がほとんどありませんでした。

▼Sony Bank WALLET がいいなと思ったハワイ体験談はこちら

持っててよかった!Sony Bank WALLET で得したこと3つ

1209_03.png

パロアルトのクラフトビールバーにて大量のポテト

外貨の事前準備編

円高で買う、コツコツ貯めるが基本!?

半年くらいに渡り、「積立購入」でコツコツと毎週500円分ずつ米ドルを買っていたのですが、今年6月のBrexitで円高になるかも!?と思った私は「指値」で1ドル100円になったら購入する予約をし、見事に一時的に円高になった瞬間に売買成立!

さらに、旅行に行く1ヶ月前に、米ドルが足りないから準備しようと思い、通常の預金よりも高い金利がつく「円からはじめる限定金利」で米ドル1か月定期を申し込み、満期後の取り扱いを自動解約(外貨普通預金に入金)を選び、出発前に満期を迎え、米ドル普通預金の口座にお金が入るようにしました。

上記3つの買い方:解説は下記をご覧ください♪

下図グラフの見方:下に行くほど米ドルが安く買えるという意味です。Brexitで一時的に円高になり、米大統領選後に円安に動いています。

1209_04.png

ソニー銀行サービスサイトログイン後の為替チャート

外貨預金の積立購入とは

毎週、毎月など、お好きなタイミングで自動的に外貨を貯められる外貨積み立てです。定期的に購入することで為替変動リスクを低減できるため、貯蓄を兼ねて外貨をコツコツ貯めています。積み立て金額は500円からとお手頃で、私は毎週500円の米ドル積み立てをしています。知らぬ間に貯まっている感覚なので、貯金が苦手なかたにも◎。

指値購入とは

希望の購入レートを指定して、最長30日以内に購入レートに達すれば買う方法。一度設定すれば、為替レートを見なくても勝手に買ってくれるから便利です。安ければ買うし、高ければ買わない、というときにはもってこい。最低額は10万円、または各通貨指定の金額(米ドルの場合約600ドル)が必要です。

円からはじめる限定金利とは

円から直接外貨定期預金に預けることで、限定金利がつくのでお得です。預入期間は1ヶ月から、預入金額は円で指定した場合は10万円から。満期時の取り扱いを「自動解約(外貨普通預金へ入金) 」にすれば、満期後は外貨普通預金へ入金されるので、その後はそのまま継続的な運用もできますし、Sony Bank WALLET で外貨のお支払いにも利用できます。

1209_05.png

サンタモニカの夕日

さて、2回連続で旅行とお金の話のみになりましたが(さすが銀行員!)、今後は移動手段(電車とUber)や宿(AirBnbやユースホステル)について、さらに観光情報をお伝えしたいと思います。Sony Bank WALLET とアメリカ西海岸の旅、また読みにいらしてください!

CHECK こちらの記事もあわせてチェック! CHECK こちらの記事もあわせてチェック!

RANKING 1週間の人気記事 RANKING 1週間の人気記事